住宅ローンは借り換えるべし。

他社への借り換えで金利をお得に

住宅ローンの金利をなるべく抑えるにはまずは3年固定金利で借りるとお得です。どの銀行も最初の三年間は金利1.2%程度が一般的なので、長期固定金利よりかなり抑えられます。しかし三年後の更新時にはまず上がると見て間違いないでしょう。そこで、他社への乗換えをオススメします。

住宅ローン借り換えのキャッシュフロー比較

その際に今の銀行で借り続けた場合のキャッシュフローと、目星をつけた何社かのキャッシュフローを比較検討してください。この作業は窓口に行けばどの銀行でも行ってもらえます。そして借り換えたい銀行との交渉ですが、最初からこちらの手の内を明かしましょう。キャッシュフローを持参して相談に行き、一番安く済む所でお願いしたいと希望を伝えると意外にすんなりと超低金利で新たにローンを組むことができます。最初に借りた銀行とのお付き合いも良いですが、賢い選択をオススメします。

全宅住宅ローンと金利推移

住宅ローンを検討する上で、金利推移は無視できない問題です。金利を検討することは住宅ローンを決める時には欠かせませんが、金利推移が及ぼす作用に関しても知識が必要です。一般的に住宅ローンは全期間固定型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。全期間固定金利型は、金利推移が上向いている時に選ぶ金利です。

金利が上がっても、一度設定した当初の金利のまま自分の住宅ローンの利率は変わりません。一方、金利推移に合わせて返済時の金利が変わるのが、変動推理型の特徴です。変動金利型は、将来的に金利が下がると見込まれる時に選択する金利方式となります。どちらの要素もあるのが、固定金利選択型です。

固定金利選択型は、一定期間毎に金利を決め直します。高めの金利になりますが、固定金利は安定しています。変動金利型は金利推移によって金利が上下するという不安定さがある半面、固定金利制より低金利での借り入れができます。無理ない返済計画を立てるためにも、この先の金利推移と自分自身の5年後、10年後の姿とを組み合わせながら住宅ローンを組みましょう。