本当に住宅ローン審査の落ちるは悪いのか?

住宅ローンは何歳から組める

自分の家が欲しいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

金融機関ならどの場所でも申し込みが可能なのでどうせなら評判が良い所を選びたいですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

サイトでは、資金に関することのほか従業員の接客態度、お店は清潔感があるかどうかまで細部まで観察し、自分が思ったことを詳しく記載しているところもあるので契約を良いものにしたい人には良い例になるでしょう。

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。

申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それにパスが出来ないと次の段階には行けません。

特に重要視されがちな判断材料は年収、勤続年数、仕事内容などです。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかもチェックされるケースが多いので今後本当に家の購入を検討しているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、気になる商品があれば試してみると良いですね。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。

住宅ローン一番注目するポイント

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

これから住宅ローンを組む予定のある方に、便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

という期待はできません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低ラインと言われています。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。