自営業でも住宅ローンの審査が通りやすい銀行と信用金庫の探し方

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、低金利の銀行や住宅ローン審査通りやすい銀行など色々あり、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

どうしても決められないという方は銀行の担当者の意見を聞いて、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多くプロの意見を無料で聞く事が出来るというのは魅力ですよ。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

住宅を購入する際、審査通りやすい銀行等へお願いする時に必ず保険会社に加入します。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という保証の内容は、ローン契約者もしもの事があった場合、ローンの残額が一切無くなるという保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅購入が出来るでしょう。

住宅ローンを返済中の方には審査が通るならば是非借り換えを考えている方が増えています。

借り換えとは、金利や条件のいい銀行の住宅ローンを借りなおすこと。

住宅ローン借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって常にお得になるわけではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

諸費用なしで借りかえられる銀行などありません。

借り換えしようかなと願うならそれらの事案も含め、返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し高評価の審査が通りやすい銀行で借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方にこの機会に覚えて頂きたい便利で審査通りやすい住宅ローンを紹介致します。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなるものですね。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく借りた親が先に返済し、残りを子供が受け継いでいく為です。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

ローン金額が大きいと悩みがちですが、こういう方法の相談もしてみるといいですね!住宅購入の際に絶対に必要になるのが住宅ローンです。

住宅ローンの申し込みは、銀行等で受け付けています。

申し込みの時には、銀行側から言われた必要資料を用意します。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと審査をします。

審査通りやすい銀行ばっかりで、住宅ローン審査は申し込みさえすれば確実に通る。

といった甘い感じではありません。

思っていたより厳しい結果で、結局通らない方ももちろんいらっしゃいます。

いいですか?よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低限の審査基準ラインと言われています。

住宅ローンの中には、審査通りやすいものも多いです。

中にはフラット35というちょっと特殊なローンもあります。

フラット35のように最初から最後まで金利が変わらない住宅ローンは安心ですよね。

もっとも長いときは35年間金利が変わらないのが最大の特徴です。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査となります。

フラット35だからといって、審査基準が緩いといった事もありません。

これは、その住宅がこれからの将来に価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはあんまり価値を重視ません!ですのでフラット35の特徴的な審査方法となります。

たとえ住宅ローン審査通りやすい銀行でやっとの思いで審査に通って新居で生活していても、アクシデントがあることも。

例えば半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

これから先の大切な事ですので考えたくない事なのはわかりますが、でもしっかり決めて下さいね。

「うちもそろそろ家建てたいよね・・・」だけども、家を建てることはかなり大きな出費になります。

「キャッシュあるからポンと払えるよ!」という様なことはまず難しいでしょう。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?一番いい方法は審査が通りやすい銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知らないと損するかもしれない、そんな住宅ローン審査通りやすいような銀行を案内致します。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、かつ住宅ローンを借りている人限定でイオンでショッピングをすると何%か値引きされるサービスをご利用できちゃうんです。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

たとえ審査通りやすい住宅ローンだったとしても、月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、敢えて保険料を支払う必要があるのかと思う方も多いと思います。

かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんし「保険料がもったいない」等、加入しなければ、たとえ家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していればあなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

今後マイホームの購入や住宅ローンの借入れを検討している方は、押さえておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

従って、金利が安いという理由だけで決めるのはちょっと危険かもしれないですね!おすすめとしては、返済総額を見る事です。

どんなにお得な金利で申込みをしても手数料や諸費用がかかると、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

住宅ローン審査には厳しいところや審査通りやすい等、特色がありますので、調べてみるといいでしょう。

今では簡単に利用者の声も見れるので参考にしましょう。

あなたが家を購入する際に頼らなければいけないのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込む場合は自宅近くの銀行などでも受付可能ですし忙しく人は審査通りやすいものや利率がお得と言う口コミもあるインターネット銀行を使うというのも一つの手法です。

加えて、不動産屋と協力している銀行にする方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合約10年に渡り、所得税の控除、いわゆる住宅ローン減税が受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので支払いを開始した年の確定申告を自分で行うことを覚えておきましょう!数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

原則として、決められた期間で住宅ローン審査通りやすい銀行等へ申し込むのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数なのです!多くの方が、早くても10年以内に返済することを目標としています。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時は事務手数料などが無料の銀行を選びましょう。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で日々の生活が圧迫されないような金額設定をしておきましょう。

金利の比較のほか、住宅ローン審査通りやすい銀行の比較なども役に立ちます!迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか、また審査に通りやすいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の方法として、お近くの銀行とか信用金庫などでも良いですし不動産屋から紹介されたところや審査甘いといわれるネットバンクなどでも受け付けることができます。

だけども、どの場合でも審査があり「え?誰でも審査通るものなんでしょ?」・・・そんな訳がありません。

是非注意を!きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、真剣に選びたい住宅ローンをどのように選択しましたか。

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方も住宅ローン審査通りやすい銀行での口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

保険料や事務手数料などの保証料が圧倒的に安く、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

実際に電話やメールなどで問い合わせをしたり店舗に足を運んだりしてしっかり納得して申込するといいですね。

引用:自営業でも住宅ローン審査が甘い銀行は?【頭金・年収の基準通るコツ】